春フランス旅-1
春と冬の年2回行くフランス
春は必ず1か所巡礼地へ旅に行くようにしています

巡礼地とは聖マリヤの出現した場所(フランスには6か所あるといわれています)
もしくは
フランスを出発し目的地スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラ聖堂へ向かう道でありますが
私は人々の祈りによって霊性が高められた地で
神と自分と向き合う時間と考えています

そのサンティアゴ・デ・コンポステーラ行く出発点は4ルートあります
    ➀ パリ→トゥール→サント→ボルドー
    ② ヴェズレ―→リモージュ→
    ③ ル・ピュイ→カオール→
    ④ アルル→トゥルーズ→
巡礼者はバックパックを背負い何日もかけて徒歩で向かうのですが
そこまで休みが取れないためスポット的に巡礼地を訪れています
今回は出発地②のヴェズレ―の町を訪れることにしました

ヴェズレ―にはイエスに7つの霊を追い出してもらったマグダラのマリヤの
聖遺物が納められていたサント・マドレーヌ聖堂があり
(実際は南仏 サン・マキシマン聖堂に納められているとされています)
この聖堂はブルゴーニュ風ロマネスク建築の最高峰の一つでであり
ユネスコの世界遺産にも登録されています

また ヴェズレ―一帯はモルヴァン国立公園の一部に当たり
聖堂裏の公園からはブドウ畑をはじめ
遠方には放し飼いの牛や羊などの牧場や畑など
緑豊かな大パノラマが広がります

更に
ヴェズレ―はワインの産地であり
16,17世紀に栽培されていたブドウ「ムロン・ド・ブルゴーニュ」を復興させた
幻の白ワインが飲めるのです

聖地であり 素晴らしい景色が楽しめ 幻のワインの産地というわけ!

この三拍子には胸躍り早速
鉄道SNCFフランス国鉄 インターネット予約 (ヴェズレ―まではパリから1日2便と少ない)
チケットはEチケット 
もしくはプリントアウトしたものとクレジットカードを駅窓口に持参しチケットを発行してもらいます
宿はBooking comにてLe Compostelleを予約しました



ローカル列車でヴェズレ―に着きますと
杖を片手にバックパックを担いだ人たちがバスに乗らずに歩いて行きました
私はバスを乗り15分ほどで町に着きますと

パリの時空間とはがらりと変わります
まさに中世なのです

| 喜   | 15:28 | comments (0) | trackback (0) |
帰国いたしました
フランスから今朝帰国いたしました
パリ近郊の友人宅で
天気の良い週末は太陽とワインを楽しむ
いいよね~フランススタイルって!









パリで滞在する常宿は北マレ地区
ボボという、家柄は金持ち健康志向の人種が住む場所とか・・・


自分の部屋のような屋根裏部屋


ベットの上から日の沈む22時頃を撮影してみました


時を前にホテルを出発、夜は21時過ぎに戻る
移動が多く座るのはメトロで座れる時だけ
ホテルでようやく座る
マメだらけになった足には
ベッドでの安眠は不可欠なんです

| 喜   | 23:37 | comments (0) | trackback (0) |
4/11 マルシェ 成城9丁目カフェ 
午前中は雨午後も今一でしたが
今回もおたくさんの方々にお越しいただきありがとうございました!
お客様からは
「クオリティの高い品々が集まっている」
とご感想をいただき
出店者の方がたにも心よりお礼を申し上げます~


コーヒの焙煎と淹れたてコーヒーのNARUTOさん


貴重な品種なピーナッツからつくられたバターのやちまたよりくらの木村さんと
美味しい手作りケーキのバベットの太田さん


カイザーの食パンにピーナッツバターを塗って食べるとエンドレスのよやちまたよしくらさんのピーナッツバター
チーズ お味噌 お醤油など


リアップアクセサリーのワークショップの中道さんと
陶器と雑貨の岩見さん


プロのデザイナーさん 彼女の作品はドレープの美しいブラウス 
アクセサリー マフラーなど


ほぼ完売のココペリさんのパン

まだまだ作品は続きます
品種改良していないお米と間引き肥料を与えず育てた野菜の佐久間さん
アメリカ雑貨の杉原さん
旭出生産福祉園の手作りの陶器 はがき 手織りのスカーフ コースター
そして
カナズギャラリーの作品が並びました

| 喜   | 23:05 | comments (0) | trackback (0) |
春到来


最近日本でも商業ベースになってきた
復活祭:イースター 
磔刑にされたキリストが3日目によみがえった日であり
(ロシア正教ではクリスマスよりも大切にされています)
春を祝う日でもあります

フランスやスイスでの復活祭のシーズンには
スーパーに特設コーナーが設けられ
街中のショコラティエでも
復活をあらわす卵型や多産のウサギ型のチョコレートが並びます





こんなにもたくさんのチョコレートですが
復活祭近くなると完売するんだそうです
チョコレートの消費量は日本とは違うことを実感します

チョコレートが主流となっておりますが
本来はゆで卵を食べます
カラフルすぎる気がしますが便利なゆで卵が売っています


今年のイースターは4月5日
わたしは久々日本で迎えます

| 喜   | 18:16 | comments (0) | trackback (0) |
東京ワイナリー

ご存知ですか?
なんと東京でワインつくりをしている方がいらっしゃる事を!

入口の引き戸を引くと発酵中の芳醇の香りに
テンションが上がります~

白い長靴を履いて工場内を見学

シードルの瓶詰め中
フェイスブックからの呼びかけで集まった方々が作業しておりました


タンクが4ケ並び
現在はぶどうの季節ではないから
シードル用のりんごジュースが発酵中


スパークリングのボトルが並びます
こうやって並べて定期的に瓶をずらし澱を瓶口に集めます
春には出荷できるそうです


醸造家でありオーナー
大田市場でお勤めていた経験から美味しい野菜に合う
ワインの醸造に志したそうです
そして
ブドウは青森 山形 長野 東京の生産者から仕入れ
ブレンドをせずに1種からワインを作成し完売してから
新たな種類のを作るそうです
と丁寧に説明してくださいました

いよいよ試飲です

青森県のスチューベンのロゼ
底に結晶が沈んでいるのは
ブドウ本来の味を楽しむためにあえてフィルターを通さないからだそうです

美しい春いろのロゼ
コップを傾けながら春の喜びを感じるひと時でした!

このロゼを3月7日(土)ワインサロンのアペリチフにいたします!
お楽しみに~

3月7日(土) 18:30~20:00
会費 ¥4000
会場 花よろず 豊島区目白3-12-27
お申し込みはお問い合わせからお願いいたします

東京ワイナリー
練馬区大泉学園町2-8-7

| 喜   | 14:19 | comments (0) | trackback (0) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<   11 - 2017   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
COMMENTS
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥