フランス哲学
   タイトルはマルラゲット

森にきのこ狩に出掛けたマルラゲットは狼に連れ去れます
もちろん食べるために
少女は暴れるのですが逃げ切れず、とうとう狼の住処である岩の前まで来てしまいました

しかし、慌てんぼうの狼はおでこを岩に当てて気絶をし、その瞬間少女は逃げますが
狼を見ると大きなこぶができ皮が裂け血が流れています
可哀想に思った少女はコケや草でベッドをつくり狼を寝かせ
傷の手当とハーブティーを飲ませたりと看病をします

狼はそんなに親切にされた事がなっかたから嬉しくってしかたありませんでした

少女は毎日狼の元に通い看病をしリハビリに森の散歩へ出掛けました
すると、小鳥が少女に言います
「食べられてしまいますよ」
狼は怒って小鳥を捕まえようとしましたが、体力がなくて逃げられてしまいました。
次の日も同じ小鳥が
少女に「食べられてしまいますよ」とからいます
今度は狼は本気で捕まえて食べてしまいます
少女は怒って狼をたたきき散歩の間中口を聞きませんでした
狼は悲しくて仕方なく胸が締め付けられ泣きそうになりました
少女はあまりに後悔している狼を赦してあげます

この日から事実、狼は生きた動物を食べませんでした
安心した動物達は散歩している2人にむしろ近づいてきました
狼は誘惑に負けぬよう少女を横目で眺めて我慢し
少女の用意するハーブや木の実、パンを食べました
でもこれはエラー、狼は貧血を起こしてしまします

森にいた年老いた樵が少女に狼は菜食主義ではなく
肉を食べるそういう胃になっていることを伝えます

少女は泣きました
そして、一晩中考えました

朝、少女は狼に言います
「私はあなたを解放します!他の狼が森で暮らして入るようにあなたも旅立ちなさい」

灰色の痩せた野獣は小鳥をウサギをそして巣のそばで沈んでいた鼠を食べました


ほんのわずかな間で狼は再び美しくなりました
空腹時にしか狩はしなくなり、決して、女の子を襲いませんでした

時として、枝の隙間から狼は少女の明るい服を見る事がありました
そして、この事は喜びと同時に深い悲しみを感じさせました

少女はしばし森の中を眺めました
そして、少女は微笑を浮かべて大きな野獣の事を考えるのでした

少女の愛のために狼は空腹で死ぬ事を受け入れました

| 発見 | 09:22 | comments (0) | trackback (0) |
コメント
コメントする








この記事のトラックバックURL
http://www.kanasgarelie.com/blog/tb.php/140
トラックバック

  
CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<   10 - 2019   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
COMMENTS
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥